消費者金融の利用は結婚したらどうするべき?

消費者金融から借金をしている方は、結婚相手に話しておくべきかどうか迷うことでしょう。夫婦生活を送るようになれば、独身時代のような無理はできません。家計に影響する以上は自分の借金は家族の借金とも言えますから、必要に応じて話しておく必要があります。

配偶者に話すかどうかは、家計への影響・今後のライフプランなどを考慮して決めるのが得策です。

消費者金融からの借入があるなら結婚する前に知らせておくこと

消費者金融からの借入があるなら、結婚する前に知らせておくのが得策です。数万円などの小額の借入、一括返済をメインとした利用などは伝える必要はありませんが、毎月一定の返済が生じている状態なら話しておきましょう。

借金の返済をするということは、収入が減ることを意味しています。毎月5万円の返済をしている場合は年間に60万円の支払いが必要となり、年収が60万円減ると考えることができます。独身時代の借金なら自己責任と言えますが、結婚したらそうはいきません。

自分の借金は家計に打撃を与えてしまい、配偶者である相手にも節約生活を余儀なくさせることになるでしょう。結婚生活のトラブルで最も多いのはお金の問題で、お金とは無関係に思えるトラブルも実際はお金が間接的に関わっているケースが多いです。

結婚前に借金のことを告白するのは抵抗があるでしょうが、結婚してから借金が発覚するよりずっといいのです。何より借金をずっと隠しておくことは、相手に対して不誠実だと言えます。墓場まで持っていきたい隠し事がある方でも、借金のことは正直に打ち明けてください。

いずれバレる恐怖を感じながら生活するくらいなら、結婚前に話しておきましょう。

結婚してから消費者金融を利用する場合は?

消費者金融のキャッシングやカードローンは個人をターゲットにした多目的融資で、担保・保証人は必要ありません。つまり周囲に知らせることなく、完全なるプライベートの借入ができるわけです。例えば給料日まで1万円足りないので、キャッシングで借りて給料日に一括返済するという借り方をしている分にはまったく問題ありません。

ただし分割・リボ返済などの長期返済になるならば話が変わってきます。相手に知らせるかどうかは、家計に影響するかどうかで判断します。小遣いで返済できる範囲ならよいですが、家計から捻出するべき状況になったらすぐに相手に打ち明けましょう。

また借入金を家族全員で使用するような場合も、相手に話しておく必要があります。例えば不足する教育費を消費者金融から調達する場合、教育ローンより高い利息が発生します。高利息は家計に打撃を与えますから、家族全員で話し合って節約生活をする必要があるでしょう。

節約というのは自分一人でするよりも、家族全員で実践したほうが何倍も効果的です。自分は一生懸命に節約していても、他の家族が浪費していては本末転倒でしょう。

消費者金融からの借入は1社に抑えるのがベスト

いざという場面で役立ってくれる消費者金融は、周囲に迷惑をかけずに健全に利用できるなら利用しても問題ないです。ただし複数社からの借入は避けて、1社に抑えておきましょう。債務超過に陥ってしまう方の特徴として多重債務があり、借入件数が多い人ほど債務総額も多いという現実があります。

借入件数が2~3件以上あるなら、将来的に今より債務が増えてしまう可能性が高いです。キャッシングやカードローンは計画返済をしていれば、限度枠を増額してくれることがあります。限度枠が増えても使わなければ問題ありませんが、欲しいものがあれば使いたくなるのが人間です。

独身時代は多少の無茶は許されますが、結婚したらそうはいきません。家族全員の生活を考える必要がありますから、複数社からの借入がある方は早期のうちに一本化しておきましょう。一本化することで返済日が月1回になり、うっかり返済を忘れて自宅に催促の電話がくるのを避けられます。

自宅に連絡が入ってしまうと、家族に消費者金融からの借入がバレる可能性があるので注意です。

結婚したらライフプランに応じた家計を

結婚したら夫婦で今後のライフプランについて考えてみましょう。人生の大きなイベント時には、大きなお金が必要になるものです。子供は欲しいかどうか、住宅は持ち家と賃貸のどちらにするか、などは家計に大きく影響する課題です。

消費者金融からの借入は0件、または1件以内に抑えるのが好ましいです。キャッシングなどの多目的ローンは金利が高く設定されており、金利に比例して利息も大きくなります。例えばキャッシングから100万円の借入をしていれば、毎月2~3万円以上は返済していく必要があります。

こうした返済金はローンの利用がなければ発生せず、その分を貯蓄に回すことができたはずです。消費者金融から高額の借入をしていると、住宅ローンにも影響してきます。住宅ローンの借入額が減ってしまう、毎月の返済額が少なくなるなどの問題が生じてきます。

消費者金融からの借入があると、少なからず家計全体に影響してくるわけです。健全なライフプランを実現するためには、消費者金融からの長期借入は避けましょう。キャッシングやカードローンは短期借入・一括返済で利用するように心がけていれば、家計への影響を抑えられます。

安全に消費者金融から借りるためにシュミレーションを

家族にバレずに消費者金融を利用する場合

家族に迷惑をかけずに借入・返済ができるなら、消費者金融を利用していても問題ありません。しかし消費者金融にネガティブな印象を抱いている人はいるため、できれば内緒にしたいと考えるのは普通です。結婚したら同じ家に住むことになるのが普通で、そうなると延滞すれば家族にバレる可能性大です。

また延滞をしなくても紙の利用明細が自宅に送付されてくると、うっかり家族が開封してしまうこともありえます。家族にバレないためには第一に延滞をしないこと、そして紙明細をWEB明細に変更するなどの対策をしてください。

どうしても返済日までに返済できない場合は、自分から消費者金融に連絡を入れるのが基本です。黙って延滞すると翌日には連絡を入れてくる業者がいるので、返済日の1~3日前くらいに自分から連絡を入れておくのが好ましいです。

連絡なしで延滞すると信用力が大きく下がり、今後の借入ができなくなる可能性があります。また金融機関から何らかのお知らせがある場合は、固定電話ではなく携帯電話・スマホに連絡をくれるように話しておくとよいでしょう。

家族にバレてしまうケースの多くは電話連絡、そして利用明細の送付にあります。